パルケエスパーニャって?

パルケエスパーニャは志摩スペイン村の中核施設。スペインをテーマにした広大なテーマパークです。多数の遊戯施設、エンターテイメント施設、レストラン、ショップがあり、子どもから大人まで、スペインの魅力を楽しめるテーマパークです。
スペイン語で「パルケ」は公園、「エスパーニャ」はスペイン、ですから「パルケエスパーニャ」で「スペイン公園」の意味になります。

パルケエスパーニャのエントランス
志摩スペイン村パルケエスパーニャのエントランスの写真

以下の4つのエリアで構成されています。

【シウダードエリア:都市のスペイン 】
エントランス周辺の一帯にあり、バルセロナのランブラス通りや、マドリードのマヨール広場をそれぞれエスパーニャ通りやマヨール広場として、スペインの都市の広場を再現しています。

【ティエラエリア:大地のスペイン 】
テーマパークの中央部。ハビエル城博物館ではバスク地方にあるフランシスコ・ザビエルの生まれ育った城の概観を再現しています。博物館内では旧石器文明の「アルタミラ洞窟の壁画」の実物大レプリカをメインにスペインの文化・歴史・風俗を展示しています。

【マールエリア:海のスペイン 】
スペインの海洋リゾート地コスタ・デ・ソルの中心でピカソが生まれたマラガをイメージしています。コロンブスが、イザベル女王のもとへ新大陸発見の報告にやってきたことを記念として建てられた塔をモチーフにしたコロンブス像があります。

【フィエスタエリア:祝祭のスペイン 】
アトラクションが集中するアミューズメントエリア。バルセロナにあるガウディが作ったグエル広場がモチーフだそうです。

志摩スペイン村パルケエスパーニャの4エリア図

↑ページトップ

 
プライバシーポリシー
[PR] 試写会大阪 井真成 メインフレームエディタ 大阪老人ホーム